特許申請を行なって大きな利益を産む|企業開発申請所

メンズ

製造販売するための権利

オフィス

仕事をしているといろいろな開発や研究などをしていることがあります。新しい技術や製品を作っている工場もあるでしょう。そういった際にはやっておかないといけないことがあります。それは特許申請です。
特許とは、発明した物を製造販売するための権利です。つまり、特許を所得した発明品や技術の場合、所得者や会社以外では勝手に製造販売する事はできません。そのため、有益な特許を所得した場合には大きな利益を得る事が可能になります。また、製品だけでなく技術も特許の対象となるため、今後社会で使われる技術を開発し特許申請され認められれば大きな利益を産む事が可能です。様々な製品に特許技術が利用される事により、技術使用料として莫大な利益を得る事ができるわけです。この特許ですが、どんなものであっても特許申請をすれば認められるというものではありません。厳密な精査を受け、他の発明と重複していないかや独自性など様々な観点から認められるかどうかが決定します。多くの企業は利益を大きくするために技術研究を行いますが、その目的は特許の所得にあるとも言えます。しかし、この特許というものは特許申請が認められれば未来永劫に効果を発揮するものではなく、一定期間のみ認められるものです。そのため、決められた期間が過ぎれば公共の知的財産として解放されることになり、誰もが無料で利用する事ができる技術となります。こうした理由により、あえて特許申請を行わずに技術を秘密のままにしておくという企業も少なくありません。

申請する方法は2つある

スーツ

特許申請をおこなう前に研究などに時間を使いたいと考える方もいます。しかし、準備も平行してやっておかないといざ、公開するとなっても特許申請をしていないから発表できないということもあるので気をつけましょう。

もっと読む

世界につながる大発見

女性

申請するときの注意事項について紹介します。特許申請をする方の多くが国内で申請して安心しています。しかし、海外にも申請を行なっておく必要があります。それらについて知っておきましょう。

もっと読む

申請する目的を知っておく

社内

特許申請の目的として開発した製品や技術を独占するということがあります。独占しておくことで他の人が盗んでしまったり、自分が開発したといって特許申請をしてしまったりすることもあるので気をつけましょう。

もっと読む